THE CREATIVE

TOP > 新着情報 > お知らせ > 人が離れる

人が離れる

「いつも、私は周りから人が離れていく」

「いつも、私は裏切られる」

そう言う人をよく見かける。

だが、みなに共通しているのは、

離れている側の方は、

離れているとは1ミリも思っていないし、

裏切ったとも1ミリも思っていないということだ。

これは不思議と、ほぼ例外が無かった。

 

つまり、究極的な言い方をすると、

この世の中に裏切りなど存在しないのだ。

裏切られたと感じるということは、

その相手に依存していたということなのだ。

自らが依存せずに、自らの人生に全責任を負って生きている人は、

周りから人が離れようと、裏切られようと、

どうも思わない。

助け合ったのに、あんなに助けてあげたのに。

そう言う人に限って、

圧倒的にその相手から助けてもらっていたことが多い。

その相手に依存関係を求めていたから、

いなくなった時に、倒れ込んでしまうのだ。

自分の足で立っていれば、

周りがいなくなろうと、ただ進むだけである。

 

人間、一緒に死ぬことはできない。

死ぬときは一人であり、人生も一度きりである。

 

 

追伸

裏切られたと思ったら、

その人に依存していた自分を反省しよう。