THE CREATIVE

TOP > 新着情報 > お知らせ > 独自性

独自性

独自性というのは、持っておいた方がいい。

人と違う、ということだけで価値があると私は思う。

どうしたって、無意識に人に合わせてしまう。

天才は別として、

凡人は意識的に自分自身をズラしていかないと、

気がついたらその他大勢に染まってしまう。

独自性のある考えや発想に至ったとき、

人間は無意識的にそれを捨ててしまう。

その無意識を抑えて、独自性を捨てないことが大事なのだ。

 

ただ、仕事にとって、独自性が悪になるときがある。

多くの人は、独自性は悪、と考えが進んだら、

そこから考えを変えようとしない。

その例で、よくある言葉としては、「広告とアートは違う」という言葉だ。

至って正しい。その通りである。

だが、多くの人々が、「広告とアートは違う」という考えから飛躍しないために、

その他大勢で一生の人生を終える。

常識の外に出るからこそ、その他大勢から外に出られる。

つまり、間違いこそが独自性なのである。

 

 

追伸

 

間違いを、育てよう。